2.婦人之友展示室
羽仁夫妻と自由学園創立まで

自由学園の創立者・羽仁もと子は1873年(明治6年)青森県八戸市に生まれ、1957年(昭和32年)にその生涯を閉じました。幼い頃から不器用で、要領の良い性質ではありませんでしたが、その分努力家で、理解できるまで徹底的に考える子供でした。このことは後に、自由学園が全員で美術・音楽に取り組んだり、本質を突きつめて考える力を育てるなど、教育の特徴を生みだすことになりました。

1889年(明治22年)に上京。東京府立第一女子高等学校へ入学しますが、その後、目指していた女子高等師範学校の受験に失敗。当時、少女たちの人気雑誌であった『女学雑誌』の編集長、巌本善治が校長を勤める明治女学校へ入学しました。勉学の傍ら『女学雑誌』の校正を手伝い、雑誌作りの基礎を学びました。また、規則正しい寄宿舎での体験は、自由学園における生活重視の教育に反映されています。 1892年(明治25年)、もと子は郷里に戻り、小学校や女学校の教師となります。この頃結婚しましたが半年で離婚。一からやり直すつもりで再び上京し、報知新聞社に校正係として入社。持ち前の才覚から女性初の新聞記者となります。

 この頃、羽仁吉一と社内結婚しました。吉一は山口県三田尻村(現防府市)に生まれ、漢学塾に学び、上京して報知新聞社に入社、政治記者として執筆していました。

1903年、二人は新婚生活の中から題材を得て、婦人誌『家庭之友』(『婦人之友』の前身)の編集、発行を開始、数年後、独立して婦人之友社を設立しました。雑誌を通じて、古いしきたりにとらわれていた女性たちに、自分の才覚で家を切り盛りする知恵と勇気を与えました。

「家庭を良くすることで社会を良くする」と訴えていた羽仁もと子と吉一は、知識の詰め込みに偏重した当時の女子教育に、次第に疑問を抱くようになります。1921年(大正10)、新しい教育を実現するためには、既存の教育を批判するのではなく、自らが学校を造るべきだと覚悟を固め、自由学園を創立します。毎日の昼食を自分たちで調理させるなど、生徒の創造的な生活と結びついた、全く新しい教育のあり方でした。

  • 羽仁夫妻1
  • 婦人之友

施設案内

施設紹介

(C)2002 Jiyugakuen. All rights reserved.