1. 概要

自由学園明日館は、1921年(大正10年)、自由学園という女学校の校舎として、アメリカが生んだ近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトとその弟子である遠藤新の設計により建設されました。自由学園を創立したのは羽仁もと子、羽仁吉一で、校舎建築に際し当時通っていた教会の友人であった若き建築家の遠藤に相談すると、彼は帝国ホテルの建築現場でライトの助手を勤めていたこともあり、自分の先生であるライトを紹介しました。夫妻の目指す教育理念に共鳴したライトは、「簡素な外形のなかにすぐれた思いを充たしめたい」という夫妻の希い(ねがい)を基調とし、自由学園を設計しました。

建物は、同時期の建築「旧帝国ホテル」と同様に、中央にホール、食堂を置き、教室を左右対象に配しています。軒高を低く抑え水平線を強調した立面、幾何学的な窓などの装飾は「プレーリーハウス」と呼ばれたライトの第一期黄金時代の作風をよく表しています。また屋内に入ると床の高さが異なる空間を連続させていて、これもライトの「有機的建築」と呼ばれる一連の作品の特徴です。

1934年(昭和9年)に自由学園が南沢(東久留米市)に移転してからは、明日館は卒業生の事業活動、などに利用されてきました。

しかし、建ててから約50年が経過した昭和40年代になると雨漏りや、壁の剥落、柱の傾きなど建物の老朽化が目立ち、「今にも崩れ落ちそう」という表現が大げさでもないような状況でした。「自由学園創立の校舎」、「日本に残る数少ないライト建築」であり、自由学園の卒業生、建築家の間から建物の保存を望む声が大きくなりました。自由学園でもこの建物、敷地を今後どのようにするのか検討を始めますが、建物の寿命ということに対する考え方、あるいは学校経営上の経済合理性、など考えると、土地の売却、建物の高層化などいろいろな考えが出ました。学校、保存運動の人たち、建築の専門家、行政、多くの人を巻き込んで、時には熱い議論を戦わせて、1997年(平成9年)に自由学園は文化財指定を受けて保存したいという事を決めました。同年5月に重要文化財の指定を受け、1999年(平成11年)3月から2001年(平成13年)9月まで保存修理工事が行われ、同年11月に再開業いたしました。その後見学はもちろん、結婚式、コンサート、各種教室、生涯学習の場など、文化財を使いながら保存するいわゆる「動態保存」の文化財として運営されています。

  • 外観1
  • ライトお別れ会
  • 旧外観1
  • 旧外観2

施設紹介

(C)2002 Jiyugakuen. All rights reserved.